Architecture - Sylvia Ting
Powered by SmugMug Log In

Zhong Kui .. The Demon Queller

Zhong Kui is a figure of Chinese mythology.
Traditionally regarded as a vanquisher of ghosts and evil beings, and reputedly able to command 80,000 demons, his image is often painted on household gates as a guardian spirit, as well as in places of business where high-value goods are involved. ~wiki~

鍾馗 しょうき

江戸時代末ごろから関東で鍾馗を五月人形にしたり、近畿で鍾馗の図像は魔よけの効験があるとされ、旗、屏風、掛け軸として飾ったり、屋根の上に鍾馗の像を載せたりする。疱瘡除けや学業成就に効があるとされ、端午の節句に絵や人形を奉納する。

鍾馗の縁起については諸説あるが、もともとは中国の唐代に実在した人物だとする以下の説話が流布している。
ある時、唐の6代皇帝玄宗が瘧(おこり、マラリア)にかかり床に伏せた。
玄宗は高熱のなかで夢を見る。宮廷内で小鬼が悪戯をしてまわるが、どこからともなく大鬼が現れて、小鬼を難なく捕らえて食べてしまう。玄宗が大鬼に正体を尋ねると、「自分は終南県出身の鍾馗。武徳年間(618年-626年)に官吏になるため科挙を受験したが落第し、そのことを恥じて宮中で自殺した。だが高祖皇帝は自分を手厚く葬ってくれたので、その恩に報いるためにやってきた」と告げた。
夢から覚めた玄宗は、病気が治っていることに気付く。感じ入った玄宗は著名な画家の呉道玄に命じ、鍾馗の絵姿を描かせた。その絵は、玄宗が夢で見たそのままの姿だった。
この伝説はやがて一般に広まり、17世紀の明代末期から清代初期になると端午の節句に厄除けとして鍾馗図を家々に飾る風習が生まれた。

https://plus.google.com/u/0/photos/photo/110974670469184990448/6426290962872115810?authkey=CKfLg6T9j47pkAE

BuddhaCanon EOS 5DsRChinaChinese FigureDemonQuellerEOS5DsRHolylandLotusNanjingNiushoushanSigma 15mm F2.8 EX DGZhongKuiarchitecturearchitecturephotographycanonmythologyshokisigmasylvia_photosylviatingしょうき佛已在心已往南京南京牛首山佛顶宫牛首圣境牛首山端午の節句鍾馗sylviatingphotography